CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE

日本髪「おふく」

 おふく
髷の割れている部分が下側だけになり、割れ目から「おふくがけ」がのぞく。割れしのぶよりも少し落ち着いた雰囲気。
★髪型の歴史:
★現代:
 京都の舞妓さんが「割れしのぶ」よりも、お姉さんになると結う、いわゆる年長の舞妓の髪型。一人前に少し近づいた証拠。

日本髪「銀杏返し」Ichogaeshi

 銀杏返し(いちょうがえし)
銀杏髷を分けて折り返し、輪を2つ作った髪型また、蝶々のようにも見える事から、京都では蝶々髷と呼ばれる。
★髪型の歴史:
 幕末ごろから明治以後まで年頃の若い女性に普及した髪型。
★現代:
 芸者衆や日本舞踊や芝居などで結われる髪型である。

日本髪「先笄」Sakko

 先笄(さっこう)

日本髪「立兵庫(たてひょうご)」

 立兵庫(たてひょうご)
頭頂部に輪を一つ作って、余った毛先を根元に巻きつけて高く結い上げたシンプルな髪型。結髪初期の安土桃山時代ごろから見られる「唐輪」から発展した髪型。

その後一般女性にも結われた。
★髪型の歴史:
 元は遊女の間で鬢や髱を分けてから髷を結うなどアレンジされ、江戸中期以後には一般の女性にも広がり、江戸末期には髷を左右横に倒した「横兵庫」に発展する。
★現代:
 歌舞伎や時代劇などで「立兵庫」は、粋な遊女、「横兵庫」は、江戸吉原の花魁、京都嶋原の大夫を描く際に、結われている髪型。

日本髪「桃割」Momoware 〜江戸風 〜

桃割 〜江戸風〜
 桃のようなまん丸の髷から、上下に鹿子がのぞき、真ん中の窪みには鹿の子止めを差します。
 江戸と京では鬢や髱の形状が異なり、京風は「割れしのぶ」と呼ばれ、現代でも新人の舞妓さんの髪型として、見ることができる。
★髪型の歴史:
 江戸末期から明治〜大正〜昭和初期に流行した、16〜17才の未婚の少女の髪型。銀杏返しと同系の髪型で,髷の根をとり,毛先を二つに分けて左右に輪をつくり,奉書紙をたたんだもので根を巻く。関東と関西では髷、鬢、髱の趣が異なり,京阪では髷の形も厚く,根に巻く根掛も派手である
★現代:時代劇では、町娘の役はこの髪型で登場することが多いです。

大垂髪(おすべらかし)

大垂髪(おすべらかし)
前髪はとらず、髪を左右二つに分け、鬢(びん)を横に張りだして結い、後ろ髪を絵元結や、水引などで束ねる。前髪部分には「丸かもじ」をつけ、髪上げ具として「釵子(さいし)」、「額櫛」をつける。

★髪型の歴史:
 江戸時代末期、平安時代に主流だった「垂髪」に、京の町で流行していた「灯籠鬢(とうろうびん)」という大きく横に張った鬢の形を取り入れて結ったのが「大垂髪」。皇族および女官(高等官)の髪型。

★現代:
 女性皇族が伝統的な儀式に参列する際、礼装として十二単とともに装われている髪型。
 一般の婚礼でもこの姿が見られる。芸能人では、藤原紀香さんが大垂髪に十二単の花嫁さんでしたよね。

稚児髷(ちごまげ)〜あんみつ姫風〜

稚児髷
稚児髷とは、髷を二つの輪に結上げた髪型。

写真の髪型は、あんみつ姫風に、前髪といたずら毛を垂らした、婚礼のお色直し用に結い上げられた創作ものです。

島田や、吹輪をベースにアレンジした髪型よりも、幼い、愛らしい髪型にまとまっています。

★髪型の歴史:
 写真は、前髪を取り前半分垂らしたアレンジヘア。
 元は平安時代〜安土桃山時代の少年の髪形。
 江戸時代以降は少女の髪形として結われる様になった。

★現代:
 祭礼や舞台で、幼女の髪型として結われる場合がある。

おしどり雄(おす)

 羽の派手なオスの鴛鴦をイメージした髪型。

 可憐な未婚女性の髪型である「結綿」に橋の毛をかけ、鹿の子や簪で派手に飾った髪型。

 ちなみに、髷の小ぶりな「奴島田」に、細めの橋の毛をかけ、鹿の子を使わず、飾り類も控えめに飾った場合は「おしどり雌(めす)」という。

★髪型の歴史:
 主に京都、大阪方面で、未婚、既婚を問わず、幕末ごろから明治ごろまでの年頃の若い女性に普及した髪型

★現代:
 京都の舞妓さんが、節分に結う髪型とされていますが、実際には自髪で、鬢を丸くあげ髱に結い上げます。


創作島田髷(そうさくしまだ)〜あんみつ姫風〜

創作島田髷

婚礼のお色直し用に、華やかな花嫁をイメージして、あんみつ姫のように、前髪・愛嬌毛を垂らし、島田の髷部分を3つに分けた創作髷。


元々、日本髪は、時代時代のおしゃれな女性によって、創作に次ぐ創作を重ねられた髪型で、皇族や花柳界のファッションリーダー的な女性に取り入れられることにより、さらに全国の庶民に広く浸透したもの。日本髪の歴史がもう少し長く続けば、この髷も歴史上に登場したかも…

★現代:
 結婚式のお色直しで、色打掛に装われる髪型。

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)

文金高島田
島田髷は、根で束ねた髪を一度後ろへ折り曲げて結び「いち」を作った形が特長で、中でも「文金高島田」は、根の位置が最も高い髪型。和装婚礼において、最も格が高い花嫁の正式な髪型である。

★髪型の歴史:
 江戸時代後期、武家の若い未婚女性や、花柳界の遊女の間で流行。華やかで上品な髪型である事から、女性の正装時の髪型として定着。

★現代:
 花嫁が白無垢、打掛を着る際の正式な髪型。
 根を高く結うことにより、華やかで若々しく見える。