CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 日本髪かつらの洗い・結い直しについて | main | かつら合わせのチェックポイント >>

日本髪かつらのとき付け方

日本髪は「すき油」を全体に馴染ませて結い上げ、「びんつけ油」や「中練り」など、固い粘性の強い油で形を整え、固定していく。

つまり、髪型をキープしているのは「油」。

髪型が乱れた場合は、櫛で「とき付け(なで付け)」ることによって、形を整えることができる。

また、被る人の顔の形によって、前髪に丸みをつけたり、鬢を張らせたりすぼませたりすることができる。

「ときつけ」には、「梳き櫛」「鬢だし櫛」「はまぐり」「鬼歯」など、和櫛が必要。

油が足りなくなっている場合は、必要に応じて「びんつけ油」を追加!

業界ではとっても有名な「オーミのびんつけ油」は、、、

      ↓↓↓↓ こちら ↓↓↓↓
コメント
コメントする