CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 日本髪「芸子島田(げいこしまだ)/ 中高島田(ちゅうたかしまだ)」 | main | 日本髪「横兵庫」Yokohyogo >>

日本髪かつらを似合わせるテクニック

日本髪が似合うかどうかは、被る方の顔立ちに大きく影響されますが…

美しい日本髪姿には、基本的なセオリーがあります。

日本舞踊や、舞台など、役柄がある場合は、それに応じた髪型になりますので、
ここでは、「花嫁さん」の場合を例に挙げます。

花嫁の髪型は、「文金高島田」ということになりますが、
同じ髪型でも、根の位置や、膨らませ方、結い上げ方によって、
印象がかなり変わってきます。



オーダーメイドの場合は、ご本人の顔に合わせて結い上げることが前提ですので、
かつら合わせの段階で、しっかり調整して頂けると思いますが、、、



セミオーダーのかつらの場合、既製の形で結い上がっておりますので、
「かつら合わせ」をして「似合わせてゆく」作業が必要となります。

この作業は、かつらの構造を理解していないと、
かつらそのものを壊してしまう恐れがありますので注意が必要です。



結婚式でかつらを被る場合は、かつら技術のあるヘアメイクさん(和装のお支度担当者)に、かつら合わせをしてもらうことになります。

なかでも、和装が出来るヘアメイクさんは、年配の方の場合が多く、
時に、ちょっとしたジェネレーションギャップを感じる場合もあるようです(^ ^;)

かつらの選び方、鬢の張り出し方、簪の選び方、つけ方などなど、
ちょっとした事で、花嫁さんに似合うかどうかが決まってきます。

やはり、ヘアメイクさんのセンスは重要ですね。



「なんか、しっくりこない…」と思ったら、諦めてはいけません!!!



自分が似合うと思う形に仕上げてもらう事がとても重要なので、
「もうちょっとここを押さえて、ここをふっくらと…」といった微調整は、
どんどんリクエストしましょう!

前もって時代劇などで、女優さんの日本髪姿を良く見ておくといいですよ。



特に、顔回り…
下の2点だけは、自分でもしっかりチェックしましょう!


★point1★

 刳り(くり)

とても重要なポイントですが、富士額の形、前髪の毛量は、後では変えられませんので、
かつらを選ぶ際にチェックする必要があります。


被る際の注意点は、額の広さです。
かつらを浅く被せるか、深く被せるかで、額の広さは調整できます。

広すぎても、狭すぎても、おかしいので、
富士額の先と、眉山ラインは、指2本を目安にすると良いと言われています。



【額が 狭い 場合】

元々の「額が狭い」かたは、かつらから前髪がはみ出してしまう場合があります。
その場合は、刳りに合わせて剃る、どうらんで塗りつぶすなどで対応することとなります。

・・・が、額が狭いかたは「半かつら」で、自分の額を生かすという手もあります!
額が狭くて、富士額の方の方が、日本髪が似合うんですよ〜。

「半かつら」は仕上りが、とても自然です。。
大河ドラマなど、時代劇で見た事ありますよね?

ただ「半かつら」に対応してできるかつら技術者は、少ないのが現実ですが(^ ^;)

どうしても、やってみたければ、問い合わせてみて下さいね。。


【額が 広い 場合】

「額が広い」かたは、「全かつら」が、おススメです!!!

  「半かつら」は、額が広すぎると、後方にボリュームがいってしまうので、
   見た目にも、また構造的にもお勧めできません。|;-_-|




★point2★

 鬢(びん)

日本髪が自然にしっくり被れているかが決まる重要なポイントです。

もみあげと、鬢の膨らみ具合をチェックしましょう!


【もみあげ】

長過ぎないか、台金が浮いていないか、をチェックしましょう!

もみあげは、自髪よりも長く設定されているのが普通です。
耳たぶが、1cm見えるくらいが目安です。

台金の浮きは、一旦、かつらを外して、もみあげの台金部分を【力加減に充分注意しながら】、動かして合わせて行きます。


【鬢(びん)の膨らみ】

鬢は、正面から見たとき、だいたい平行であることが基準ですが、
顔の形によって、膨らみを調整すると良いでしょう。

かつらを装着した後、手のひらで、押さえるだけで、顔になじんできます。
、、、が、勝手に触り回ると、怒られちゃうこともあるので、ご注意を。。。(;;)




ちなみに、多少、櫛目を乱してしまっても、かつら技術者の方なら、とき付けで直せますが、大きく壊してしまった場合は、結い直し(技術料:2万円前後)を請求されてしまうかもしれませんので、ご注意を。。。

コメント
コメントする