CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
| main | 文金高島田(ぶんきんたかしまだ) >>

丸髷(まるまげ)

丸髷
 結い方は「勝山髷」とほぼ同じ。高島田よりも、貞淑な印象。
 若いほど髷を大きく結い上げるため、厚く、広く、丸い髷型が長く保てるように、髷型として和紙を入れて結い上げるようになった。

★髪型の歴史
 江戸後期、江戸では既婚女性の代表的な髪型。

★現代
 祭りで有名なのは、富山県氷見市の「丸髷祭り」。かつて氷見の芸者衆が幸せな結婚を願って、既婚者の髪型である丸髷を結い上げてお詣りしたのが始まりだそうで、今では一般の未婚女性が、お着物に丸髷のかつらを被り、行列をつくって氷見の町を練り歩き、朝日山の千手寺で結婚祈願をするそうです。
 時代劇や舞台などでは、武士の妻役の方はこの髪型で登場します。

コメント
コメントする