CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 日本髪かつらの被せ方 ※「全かつら」の場合 | main | 日本髪かつらのサイズの選び方 >>

かつら下地の作り方

かつら下地の作り方〜〜

★★準備するもの

  • かつら下地ヘアーネット
  • 下地伸縮テープ(羽二重でも可)※必要に応じて
  • くし

★★下地の作り方

かつら下地の作り方(1)
【1】まずは、よく髪を梳かして整える。

かつら下地の作り方(2)−1
【2】被る人自身が両手で顔を覆いながら、下地ネットを頭から被せる。

かつら下地の作り方(2)−2
【3】下地ネットを下げます。

かつら下地の作り方(2)ー3【4】ネットを首まで下げる。



かつら下地の作り方(3)ー2
【5】頭頂部(かつらを被った時、邪魔にならない部分)でネットを結び、頭の形を整える。

かつら下地の作り方(4)【6】髪のまとめ完成。
頭の締め付けが気になる場合は、下地ネットだけでOK。

かつら下地の作り方(5)【7】おくれ毛が多い場合など、額まわりの髪をしっかりまとめたい場合。
下地伸縮テープ(または羽二重)の前中心を合わせ、軽く引きながら生え際を隠すように巻いて行き、後ろ中心でテープを交差させ、耳より後ろで、先を差し込んで始末して完成です。


<補足>

*下地伸縮テープ(または羽二重)を巻く際は、強く引き締めないように。
 時間が経つと、頭痛がするなど不快な症状を起こす場合があるので注意。

*かつらを被った時、当たりが出ないように、出来るだけピンを使うのは避ける。
 どうしてもピンが必要な場合は、台金があたらない「頭頂部分」に使うとよい。

*慣れない人が長時間かつらを被る場合は、ネットでまとめるだけで充分。
 少しの締め付けも頭痛などの原因になるので、きつく締め過ぎないように注意が必要。


コメント
コメントする