CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 創作島田髷(そうさくしまだ)〜あんみつ姫風〜 | main | 稚児髷(ちごまげ)〜あんみつ姫風〜 >>

おしどり雄(おす)

 羽の派手なオスの鴛鴦をイメージした髪型。

 可憐な未婚女性の髪型である「結綿」に橋の毛をかけ、鹿の子や簪で派手に飾った髪型。

 ちなみに、髷の小ぶりな「奴島田」に、細めの橋の毛をかけ、鹿の子を使わず、飾り類も控えめに飾った場合は「おしどり雌(めす)」という。

★髪型の歴史:
 主に京都、大阪方面で、未婚、既婚を問わず、幕末ごろから明治ごろまでの年頃の若い女性に普及した髪型

★現代:
 京都の舞妓さんが、節分に結う髪型とされていますが、実際には自髪で、鬢を丸くあげ髱に結い上げます。


コメント
コメントする