CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 日本髪「結綿(ゆいわた)」 | main | 日本髪「御台所(みだいどころ)」 >>

日本髪「吹輪(ふきわ)」

 吹輪(ふきわ)
結い方は「勝山髷」とほぼ同じだが、髷を平らで幅広い輪に仕立てる髪型。
★髪型の歴史:
 江戸時代初期から上級武家(将軍家・大名家)の息女(姫)に結われた髷。「十能髷」とも呼ばれる。華やかな装飾や「愛嬌毛」などで、飾られるイメージが強いが、実際の武家の姫君は、銀・べっこう細工の櫛・こうがい等のみで 地味であったといわれる。
★現代:
 祭りや時代行列、芝居などの姫役として結われる髪型。前髪には左右に「びら簪」や「姫挿し」といわれる芝居の姫の役などに見られる大きな金属の造花の髪飾りを装着。髷には豪華な細工のある金属でできた「両天簪」を差し、髷の中には「鼓」という華やかな飾りを入れ、根元には「愛嬌毛」などは、現代でのアレンジ。
コメント
コメントする