CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 「結い直しかつら」とは? | main | 日本髪「割れしのぶ」〜京都舞妓風 桃割〜 >>

日本髪「楽屋銀杏(がくやいちょう)」

楽屋銀杏(がくやいちょう)
前髪を一つにとらずセンターで分け、鬢とともに結上げた髪型で「前割れ」ともいわれる。髷は低く、「銀杏返し」を前に押しつぶしたような形をしている。
★髪型の歴史:
 江戸時代、歌舞伎役者の女形がかつらをかぶるのに便利なように、全体をあまり盛り上げずに結った「かつら下地」から、明治・大正ごろの最盛期には、女性の間でも写真のような形に結われた。
★現代:
 祭礼や舞台で、男舞などの演者に結われることが多い。
コメント
コメントする