CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE
<< 日本髪「垂髪(たれがみ、すいはつ、すべらかし)」 | main | 日本髪かつらを似合わせるテクニック >>

日本髪「芸子島田(げいこしまだ)/ 中高島田(ちゅうたかしまだ)」

中高島田、芸子島田
高島田よりも根を低く結う事から「中高島田」と呼ばれる。
髷が小振なため、高島田よりも、地味な印象。
笄や飾りを付けると「芸子島田」とも呼ばれ、落ち着いた中にも艶やかな印象となる。
※島田髷は、根の部分で一度折り曲げ、いちをつくるのが特長で、根の高さ、飾りによって、名前が変化する。
★髪型の歴史:
 江戸時代末期、花柳界の遊女の間で生まれた髪型。島田ものの中では、地味な印象の髪型である事から、京都ではあまり流行らず、明治時代の中期頃に、粋が好まれる東京の芸者に結われた。
★現代:
 芸者衆に多く結われている髪型。日本舞踊や芝居など、日本髪の定番として、現代の和装シーンでも最も出番の多い髪型である。
コメント
コメントする