CATEGORY | LINK | PROFILE | COMMENT | TRACKBACK | RECOMMEND | QRMANAGE

日本髪「横兵庫」Yokohyogo

横兵庫(よこひょうご)
髷を大きく左右に扇形に結い上げ、後ろから見ると蝶のような華やかな髷が特長。伊達兵庫(だてひょうご)ともいう。江戸吉原の花魁、京都嶋原の大夫では、飾りがそれぞれ異なる。

★髪型の歴史:
江戸時代中期以降、江戸の吉原の花魁、京都嶋原の大夫など、高級遊女に結われた髪型。
★現代:
歌舞伎や時代劇などで、江戸吉原の花魁、京都嶋原の大夫を描く際に、結われている髪型。

日本髪「芸子島田(げいこしまだ)/ 中高島田(ちゅうたかしまだ)」

中高島田、芸子島田
高島田よりも根を低く結う事から「中高島田」と呼ばれる。
髷が小振なため、高島田よりも、地味な印象。
笄や飾りを付けると「芸子島田」とも呼ばれ、落ち着いた中にも艶やかな印象となる。
※島田髷は、根の部分で一度折り曲げ、いちをつくるのが特長で、根の高さ、飾りによって、名前が変化する。
★髪型の歴史:
 江戸時代末期、花柳界の遊女の間で生まれた髪型。島田ものの中では、地味な印象の髪型である事から、京都ではあまり流行らず、明治時代の中期頃に、粋が好まれる東京の芸者に結われた。
★現代:
 芸者衆に多く結われている髪型。日本舞踊や芝居など、日本髪の定番として、現代の和装シーンでも最も出番の多い髪型である。

日本髪「垂髪(たれがみ、すいはつ、すべらかし)」

垂髪(たれがみ、すいはつ、すべらかし)
長い黒髪を自然のままに髪を垂らし解き下げにし、一旦肩の辺りで髪を元結で結び、その先を等間隔に束ねていく髪型。
★髪型の歴史:
 平安時代〜江戸時代初期ごろまでの女性の基本的な髪型。
 江戸中期〜後期以後、儀式などではボリュームアップされ「大垂髪」となる。
★現代:
 皇室の儀式では「大垂髪」が礼装の髪型である。
 一般の結婚式でも、十二単に垂髪をあわせて装われることがあるが…シンプルな髪型なので、かなりのベッピンさんでないと難しいかも〜。

日本髪「つぶし島田」

 つぶし島田(つぶししまだ)
「中高島田」よりもさらに低めに根を入れ、髱(たぼ)は長めにし、全体的に重心を下げることにより、落ち着きのある島田に。また、中に空洞を作らずつぶして結い上げた髷が、粋な印象を醸し出している。
★髪型の歴史:
 江戸時代後期、中年、既婚女性、花柳界など、島田髷の中でも幅広く定着した髪型。
★現代:
 芸者衆や日本舞踊や芝居などで結われる髪型である。

日本髪「割れしのぶ」〜京都舞妓風 桃割〜

 割れしのぶ(われしのぶ) 〜京都舞妓風 桃割〜
桃のようなまん丸の髷から鹿子がのぞき、真ん中には鹿の子止め。京風の丸みのある鬢がとても可憐。
★髪型の歴史:
 江戸時代、未婚女子の髪型「桃割」の京風の髪型。
★現代:
 京都の年若い舞妓さんの髪型。

日本髪「楽屋銀杏(がくやいちょう)」

楽屋銀杏(がくやいちょう)
前髪を一つにとらずセンターで分け、鬢とともに結上げた髪型で「前割れ」ともいわれる。髷は低く、「銀杏返し」を前に押しつぶしたような形をしている。
★髪型の歴史:
 江戸時代、歌舞伎役者の女形がかつらをかぶるのに便利なように、全体をあまり盛り上げずに結った「かつら下地」から、明治・大正ごろの最盛期には、女性の間でも写真のような形に結われた。
★現代:
 祭礼や舞台で、男舞などの演者に結われることが多い。

日本髪「桃割」〜 江戸風 〜

 桃割(江戸風)

日本髪「御台所(みだいどころ)」

御台所
髷を結い上げず長く垂らした髪型。尾長(おなが)とも言われる。
★髪型の歴史
 将軍の正妻だけに許された髪型。

日本髪「吹輪(ふきわ)」

 吹輪(ふきわ)
結い方は「勝山髷」とほぼ同じだが、髷を平らで幅広い輪に仕立てる髪型。
★髪型の歴史:
 江戸時代初期から上級武家(将軍家・大名家)の息女(姫)に結われた髷。「十能髷」とも呼ばれる。華やかな装飾や「愛嬌毛」などで、飾られるイメージが強いが、実際の武家の姫君は、銀・べっこう細工の櫛・こうがい等のみで 地味であったといわれる。
★現代:
 祭りや時代行列、芝居などの姫役として結われる髪型。前髪には左右に「びら簪」や「姫挿し」といわれる芝居の姫の役などに見られる大きな金属の造花の髪飾りを装着。髷には豪華な細工のある金属でできた「両天簪」を差し、髷の中には「鼓」という華やかな飾りを入れ、根元には「愛嬌毛」などは、現代でのアレンジ。

日本髪「結綿(ゆいわた)」

結綿(ゆいわた)
結い方は「つぶし島田」とほぼ同じだが、つぶしよりも丸みのある髷といちに仕上げ、手絡や鹿の子をかけて、若々しく、可愛らしく飾る。
★髪型の歴史:
 江戸時代後期の町娘(未婚女性)の髪形。
★現代:
 節分などで、京都の舞妓に結われる髪型。